JA加美よつばの米

前のページにもどる

JA加美よつばのお米

JA加美よつばでは、清流・鳴瀬川が潤す肥沃な土地で、おいしいお米を作ろうと農家のみなさんは一生懸命米づくりを行っています。 鳴瀬川はぶなの森が残る奥羽山脈を源流とする清流で、JA加美よつばはこの鳴瀬川の一番清水を利用して農産物の生産に取り組んでいます。
清流の里、JA加美よつばで生産された『JA加美よつばのお米』を是非一度、ご賞味ください。 『JA加美よつばのお米』はJA加美よつば農産物直売所や、 加美町の山の幸センターで販売しています。 地方発送も承っておりますので、JA加美よつば農産物直売所「愛菜ハウス」(電話 0229-29-9451)へお問い合わせ下さい。

直売所お米コーナー

JA加美よつばのお米のラインナップ

特別栽培米 ひとめぼれ
味と香りがよく、ひとくち食べてはっきりわかるおいしいお米です。
まさに「一目ぼれ」するお米です。このお米は宮城県の普通栽培基準より農薬成分回数、化学肥料の使用量を5割削減したお米です。
ササニシキ
長い間、宮城県を代表するおいしいお米として、親しまれて来ました。
特徴はあっさりした味、優れた風味で、40年以上も親しまれているお米です。
「シャリといったらササニシキ!」と、プロの料理人がこだわって使うお米です。
コシヒカリ
全国の作付けNo1のとても有名な品種です。
宮城県での作付けはあまり多くはありませんが、本家の新潟県に引けを取らないおいしさです。
まなむすめ
まなむすめは、冷害に強いひとめぼれの良さを引き継ぎながら、病気にも強い品種を掛け合わせてできた、ひとめぼれの子供です。
「かわいい娘をよろしく」の思いが込められて「まなむすめ」と命名されました。
有機栽培米(オーガニック)
ひとめぼれ
安全・安心の基準では最高位の有機農産物の日本農林規格(JAS)による検査に合格したお米です。
その水田では3年以上農薬を使わず、アイガモを使って、除草・害虫駆除をする農法で作られたお米です。 オーガニックブームの今、人気の高いお米です。
自然栽培米ひとめぼれ
(※数量限定の販売です)
ベストセラーとなった「奇跡のりんご」の著者で、 農薬や肥料を使わないリンゴ栽培に成功した青森県の木村秋則さんの直接指導で、 農薬や肥料を一切使わずに、稲本来の生命力だけで作られた、究極のお米です。
おすすめ

ささゆた香(東北194号)
香りがよく上品な甘みのお米です。さらっとした炊き上がりで、お寿司やおにぎりにもぴったりのおいしさです。食感は「ひとめぼれ」と「ササニシキ」の中間で、ひとめぼれより粘りが少なく、冷めてもおいしいお米です。是非この機会にご賞味ください。
「ささゆた香」の愛称は、生活クラブ生協の組合員と生産者からの公募で、「ササニシキのふくよかで豊かな風味、優しさをイメージさせる」として「ささゆた香」に命名されました。
みやこがねもち
ご飯用のうるち米では無く、もち米です。 みやこがねもちはもちに加工したときのおいしさが好評で、国産のもち米では特Aランク(最高位)に位置づけられる高品質のもち米です。 宮城県では晩性(おくて:遅くできる)のもち米ですが、宮城県の風土に適しており、宮城の「みや」の文字を冠したもち米です。
宮城県内で一番多く「みやこがねもち」を栽培しているJA加美よつばでは、もち米の品質を守るため、もち米の栽培地をまとめ(団地化)たり、 もち米専用のライスセンターを完備し、おいしいもち米の提供に努めています。

ページの上に戻る