JA加美よつばのおいしいお肉と牛乳

前のページにもどる

仙台牛の里

繁殖牛

JA加美よつばでは、恵まれた自然環境を活かし、選抜された優秀な血統の黒毛和種(くろげわしゅ)を愛情込めて飼育しています。
また、盛んな米づくりの中で手に入る豊富な稲ワラと牧草をたっぷり食い込み、丈夫な胃袋を持つ健康な子牛が特徴です。
放牧は牛が草を食べ、ふん尿が農地に還元され、また草が再生され、牛が草を食べるという自然循環型の農業です。 また、放牧によって適度な運動をすることで牛の健康づくりとしても高い効果があります。 管内では、山の斜面や遊休農地を活用し、電気牧柵(電気を通した柵)を使った簡易放牧を推進しています。

繁殖牛

繁殖牛

肥育牛

JA加美よつばの肉牛は、管内の繁殖農家が育てた素牛(和牛の子牛)を管内の肥育農家が導入し肥育する地域内一環肥育体制を基本にしています。 仙台牛の基幹産地JAに指定されるなど高い肥育技術が評価されています。
また、飼料用米、大豆、稲発酵粗飼料(稲ホールクロップサイレージ)などを牛のエサとして与え、輸入穀物に頼らない自給飼料比率を高めたブランド牛づくりに挑戦しています。

肥育牛

肥育牛

仙台牛とは

「仙台牛」とは、黒毛和種であること、仙台牛の生産体系に基づいて宮城県内で育てられた牛で、枝肉規格でA-5、B-5に格付け評価されたものであることが条件です。

仙台牛 各付け評価

ページの上に戻る