JA加美よつばの農業・次世代への取組み

前のページにもどる

グリーンツーリズム、地域の環境を守るため

グリーンツーリズム

JA加美よつばでは、グリーンツーリズム(※)に力を入れています。
JA加美よつば青年部やJA加美よつば管内の集落営農組合が宮城県内の小中学生の農業体験を受入れています。
日帰りでの体験や宿泊しての体験など、さまざま受入れています。
主な農業体験は田植え、稲刈り、野菜の苗の植え付け、野菜の収穫などです。 「元気に育て」で、農業体験で植えつけた作物の生長の様子がご覧頂けます。
グリーンツーリズムによる農業体験では、次世代を担う子どもたちに食べ物や農業についての理解を深めてもらう活動(食農・食育活動)に力を入れています。

※グリーンツーリズムとは、農山漁村で自然・文化・人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動のことを指します。

グリーンツーリズム

グリーンツーリズム

農地・水環境保全向上対策

JA加美よつばでは、農地・水環境保全向上対策として、農業用水路のゴミを取り除きや農地周辺の草刈り、農道の整備など、農村環境を維持する活動に積極的に取り組んでいます。

農地水路払い

農地水路払い

田んぼの生き物調査

JA加美よつばでは、JA加美よつばの生産組織や集落営農組合が中心となり、小学生や消費者と一緒になった「田んぼの生き物調査」を実施しています。
田んぼの生き物調査は、田んぼに生息する様々な生き物を採取し観察して、生物が持つ多様性をうまく利用した農業を感じてもらう活動です。

生き物調査

生き物調査

ページの上に戻る