JA加美よつばの野菜

前のページにもどる

ネギ・ホウレンソウ・タマネギ

ネギ

JA加美よつば管内を流れる清流「鳴瀬川」の河川敷には、ねぎ畑の緑の絨毯が並んでいます。
昭和56年、旧中新田町農協時代、3名の生産者が作付したのが始まりです。
現在は、転作田などでネギを栽培する宮城県内最大の産地に成長しました。主な品種は「ホワイトソード」「夏扇パワー」などで、『なかにいだねぎ』の名称で周年出荷しています。JA加美よつばでは夏ネギの鮮度維持のため、予冷装置を中新田支店野菜集出荷場に設置しました。

なかにいだねぎ

なかにいだねぎ

ホウレンソウ

JA加美よつば管内の色麻町では、雨除けハウスを利用したホウレンソウの栽培が盛んです。
JA加美よつばほうれん草部会ではトレサビリティを実施しながら個人名印刷の袋を使い、安心・安全な農産物であることをアピールしながら部会一丸となって取り組んでいます。
また、部会員の多くが連作障害を避けるための土壌消毒や農薬を使わず、フスマを活用した「土壌還元消毒」を行っています。土壌還元消毒は土壌病原菌の消毒効果に加え、フスマの利用で費用が安く、環境にもやさしい取り組みです。

ホウレンソウ

ホウレンソウ

タマネギ「バッハオニオン」

「バッハオニオン」は地域の「中新田バッハホール」にちなみ、音楽家ヨハン・ゼバスティアン・バッハの名を冠した、自慢のブランドタマネギです。
収穫から調整・出荷まですべて手作業で行っています。JA産タマネギは皮がとても柔らかく、甘いので手作業でなければ品質を大きく損なってしまうためです。
「バッハオニオン」は新タマネギのように柔らかく、しかも爽やかな甘さが特徴で、サラダで食べるのが一番!!生産者から生活者へ丹精込めてお届けしています。
平成24年に、当JA産タマネギを使った「バッハオニオンカレー」を開発し販売。また平成27年2月から当JA産加工用トマトとの夢のコラボレーション品「トマトと玉ねぎのソース」を販売。バッハオニオンの甘みとトマトの程よい酸味、うまみが凝縮され、どんな料理にも相性抜群。一度ご賞味ください。

バッハオニオン

バッハオニオン

ページの上に戻る