加美よつばフードアカデミー
 
Aシソの塩漬けの材料
シソの葉 5枚 塩 大さじ2杯
B五目ごはんの材料
もち米    1合 うるち米   1合
干しシイタケ 3枚 ニンジン   中くらいの大きさのもの 5cm
油揚げ    1枚
合わせ調味料
大さじ1杯
1つまみ
みりん 小さじ1杯
しょう油 小さじ1杯
 
Aシソの塩漬けの作り方
(1) シソの葉を30分程度、水にさらしアクを抜く。
(2) 氷を入れた冷水をボールに用意し、鍋にお湯を沸かし沸騰したらシソの葉を1枚をお湯にさっとくぐらす。
(3) (2)をすぐに冷水に入れて冷ます。
(4) (3)を水から上げて、塩をまぶす。

(5)

(2)〜(4)を枚数分繰り返す。(必ず1枚ずつ行って下さい)
※ お湯にくぐらした後は、間を置かず急いで冷水に入れて冷やさないと、色が悪くなります。
※ 分量を変更して、多めに作って、冷凍庫で保存すると、1年程度大丈夫です。
※ 食べる時は水で塩を洗い流し、水気を切って使って下さい。
B五目ごはんの材料
(1) うるち米は、前日にといで1晩水に浸けておく。((1)のみ前日の作業)
(2) 干しシイタケは水でもどして、細かく切っておく。(もどし汁は捨てない)
(3) ニンジン・油揚げは千切りにする。
(4) 鍋に(2)・(3)の材料を入れ、材料がひたひたになる程度(2)の干しシイタケのもどし汁を加える。
(5) (4)に合わせ調味料を加え、ひと煮立ちさせる。
(6) もち米をといで、(1)のうるち米を加え、炊飯器に入れ、2合の目盛りよりやや少なめになる様に、(5)の煮汁を加える。(もし、煮汁が足らなかった場合は水で補う)
(7) (6)に(5)の具材を加え、炊き上げる。
(8) 炊き上がったら、具を混ぜて、適当な大きさに握り、シソの葉の塩漬けで巻いて出来上がり。
 
女性部中新田支部
萩原さかゑさん
・旬の農産物 お米
 お米を炊くとご飯になりますが、ご飯の主な栄養素は炭水化物(エネルギー)です。その他にも、たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維などいろいろな栄養素か含まれています。
 ご飯は、茶わん1杯150gで約252kcalです。パンにやマーガリンをぬって食べることや、パン食が油を使った料理と相性の良い事を考えると、ご飯の方がダイエットに適しているといえます。
 また、ご飯は低インシュリンなので、脂肪になりにくい食品なのです。つまり、ご飯は太りにくいといえます。