加美よつばフードアカデミー

干し大根のカラシ巻き

干し大根のカラシ巻き

材料(2人分)

小さめのダイコン
10本
カラシ(粉)
16g
しょう油
2合(360cc)
砂糖
大さじ3杯
少々

作り方

(1)
ダイコンの皮をむき、薄く輪切りにし、天日で2週間ほど干す(水分がなくなるまで干す)。
(2)
干した(1)のダイコンを1枚ずつ手で広げる(干した時のシワを伸ばす)。

干してのばす
干したダイコンを1枚ずつ丁寧にのばす

(3)
(2)のダイコンに、水で練ったカラシをほんの少しのせて巻く。

巻く 味噌の量
ほんの少し辛子をのせる。辛子をのせたらつまよう枝などを使って巻く

(4)
(3)を保存できる密閉容器に並べる。
(5)
鍋にしょう油、砂糖、酢を入れ沸騰させ、(4)の上からかける。
(6)
10日ほどしたら(味が馴染んだら)完成です。

紹介者

色麻・早坂さんからのメッセージ

おいしく作るには小ぶりのダイコンを使うことと、しっかり干すことです。
これは20年ほど前、JAの秋祭りの料理コンクール用に考えた料理です。それから毎年、寒くなると作っています。
カラシがピリッと効いて、お酒のおつまみやお弁当に最適です。冷蔵庫で保存すれば、一冬食べられます。

地産池消

JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。 新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです。

このウィンドウを閉じる