加美よつばフードアカデミー

つぼみ菜のからし酢みそあえと桜おこわ

つぼみ菜のからし酢みそあえと桜おこわ

つぼみ菜のからし酢みそあえ

材料(6人分)

つぼみ菜
160g
小エビ
12尾
ブナピー
140g
わかめ
・適量
<酢みそ>
味噌
大さじ2
砂糖
大さじ2
大さじ1
醤油
小さじ1/4
ねりがらし
小さじ1/3
マヨネーズ
小さじ1
卵(卵黄)
1/3

作り方

(1)
つぼみ菜、小エビ、ブナピー、ワカメを茹で食べやすい大きさに切っておく。
(2)
味噌は大豆の食感を残すためそのまま、砂糖、酢、醤油、ねりがらし、マヨネーズ、卵と混ぜ、(1) の具材にかけて完成です。
ポイント:からし酢みそにとろみを出すため、卵(卵黄)を入れる。

からし酢みそにとろみを出すため、卵(卵黄)を入れる。

桜おこわ

材料(6人分)

もち米
6合
桜の塩漬け(または桜茶の粉末状)
適量
食紅
適量

桜おこわ

作り方

(1)
桜の塩付けは塩分が強いため、水で塩抜きしておく。
(2)
もち米を蒸かし、(1) の塩水を少しずつ加え混ぜ合わせる。桜の淡いピンク色を出すため、水溶き食紅を混ぜる。
(3)
最後に水気を切った桜の花を混ぜ完成です。

紹介者

中新田地区・今野さんからのメッセージ

我が家の2人の孫は私が栽培した野菜を使った「漬物」や「お煮付け」などが大好きです。 好き嫌いせず何でも食べてもらい「美味しい、また作ってね」と孫からの言葉が毎日のご飯の仕度に力が入ります。

春といえは、茎が甘くて美味しいつぼみ菜。シンプルな料理ですが、家族からはあっさりしていて美味しいと評判の一品です。 桜おこわは春を感じさせる香りと色が、食卓を華やかにしてくれます。春にぴったりの優しい味を家族で味わってみてはいかがでしょうか。

地産池消

JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。 新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです。

このウィンドウを閉じる