加美よつばフードアカデミー

甘めの肉じゃがとピーマンの酢みそあえ

甘めの肉じゃがとピーマンの酢みそあえ

甘めの肉じゃが

材料(2〜3人分)

豚バラ肉
200g
じゃがいも
3個
ニンジン
1/2本
インゲン
30g
サラダ油
大さじ1
砂糖
大さじ2
大さじ2
しょうゆ
大さじ2と1/2
みりん
大さじ1
約100cc

作り方

(1)
豚バラ肉とじゃがいも、ニンジン、タマネギを食べやすい大きさに切る。
(2)
サラダ油を入れた鍋に、ニンジン、タマネギ、じゃがいもを入れ、炒める。
ポイント:野菜は煮る前に炒めると煮崩れせず、つやが出ます。

炒めているところ
炒めているところ

(3)
全体的に油がまわったら、豚バラ肉を入れ、炒めてから水を加え、強火にする。
(4)
煮立ったら、砂糖、酒、しょうゆ大さじ1と1/2を入れ、10分ぐらい煮る。
(5)
さらに、しょうゆ大さじ1とみりんを加え、煮汁が少し残るまで煮る。
ポイント:みりんを仕上げに加えると、味がしみやすく、照りが出ます。
(6)
最後に、さらっと茹でたインゲンを加えて盛り付けて出来上がり。
ポイント:写真にあるエークック鰍フ鍋「ほくほく鍋」を使用すると調理時間が短縮されます。
ピーマンの酢みそあえ

材料(3人分)

ピーマン
3〜4個
タマネギ
1/2個
ミニトマト
1個
<酢みそ>
みそ
大さじ1
大さじ1
練りからし
小さじ1/3
砂糖
※好みに応じて調節する
適量

作り方

(1)
ピーマンは千切りにし、沸騰させたお湯に入れ、しんなりするまで煮て、湯切りする。
ポイント:彩りよく見せるのに、赤ピーマンを使うのもよい。
(2)
タマネギをスライスし、ミニトマトも6等分ぐらいに切る。
(3)
(1)とスライスしたタマネギを酢みそであえる。
(4)
ミニトマトを乗せて出来上がり。

紹介者

小野田・大泉さんからのメッセージ

グリーツーリズムで、中学生を受け入れた際の定番料理が「肉じゃが」です。 肉じゃがは野菜の素材そのものの味を出すために水で煮て、出汁を使いません。 すっきりと味が引き立ち、ちょっぴり甘めの味付けとなっています。シンプルなメニューで、どこの家庭でも作られていますが、とても喜んで食べてくれます。 さっぱりとした酢みそあえは、季節の野菜で代用出来ますので、皆さんもお試しください。

地産池消

JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。 新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです。

このウィンドウを閉じる