加美よつばフードアカデミー
ネギの柚子浸け
 
 
材料(4人分)
ネギ 5本 浸け汁  
イワシ 4匹 砂糖 大さじ1/2杯
しょう油 少々 しょう油 大さじ3杯
少々 みりん 大さじ1杯
片栗粉 適量 大さじ2杯
適量 たかのつめ 少々
柚子 1/2個 だし汁 100cc
生姜 1カケ    
 
作り方
(1) イワシは3枚に開いて、縦半分に切っておく。
(2) ボールにしょう油・酒を少々入れ、@を加え、魚に下味を付ける。
(3) 5本のネギの内、4本のネギを5cm位に切る(緑の部分も)。
(4) 魚焼き器で、(3)のネギをさっと焼く(両面に焦げ目が付く程度)。
(5) 鍋(フライパン)に油を入れ、Aで下味付けた魚に片栗粉をまぶしたものを中温で揚げる。
(6) 鍋につけ汁の材料を合わせ、さっと火を通す。
(7) (6)に柚子の絞り汁を入れる。
(8) 柚子の皮を細く刻む。
(9) 生姜を千切りにし、(7)に加える。
(10) 残りのネギ1本の白根(白い部分)を使い、白髪ネギを作り、(5)で揚げたイワシの間に適量挟む。
(11) 器に(4)のネギとIのイワシを盛り付け、Hを熱い内に上からかける。
(12) 刻んだ柚子の皮を飾り付けて出来上がり。
魚はイワシの他、サンマやワカサギでも大丈夫。
1時間ほど置いて、味が染みた頃が食べ頃です。
 
紹介者
渋谷 としえさん
 
 出荷用のネギを栽培していますので、ネギは毎日の様に食べます。
 紹介した料理は焼きネギなので、ネギの焼き加減がポイントです。あまり焼き過ぎず、歯ごたえを少し残した方が食感が良いですよ。
また、刻んだネギとカツオ節を半々に入れ、おしょう油を加えたものや、ネギの玉子とじも美味しいです。
旬のやさい紹介
・ネギの紹介

 ネギの効用として、まずネギの白い(白根)の部分は風邪によく効きます。ネギの辛み成分である硫化アリルに発汗・解熱作用があり、のどの痛みを鎮めます。風邪退治にはなるべく生のまま食べる事をお勧めします。また、硫化アリルには胃腸を刺激して食欲を増進する作用もあります。
 一方、青々とした葉ネギの部分はB‐カロテン、ビタミンCなどがたっぷりと含まれ、栄養価は緑黄色野菜並です。B‐カロテンはブロッコリーの2倍、ビタミンCは茹でたホウレンソウの1.5倍もある栄養満点な野菜です。

 
地産池消
 JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです
このウィンドウを閉じる