加美よつばフードアカデミー
ホウレンソウの豚肉巻き 梅風味
 
 
材料(4人分)
豚肉(ロースの薄切り) 8枚 おろしタレ  
ホウレンソウ 2束 大根おろし 適量
梅肉(市販のものでも可) 適量 ポン酢 適量
コショー 少々    
少々    
シソの葉 4枚    
 
作り方
(1) 鍋にお湯を沸かし、ホウレンソウを軽く茹で、冷水に取り、ザルにあけて水気を切る。
(2) 豚肉にコショーを少々ふり、梅肉を片面に塗る。
(3) (1)のホウレンソウを3cm位(豚肉の幅)に切り、適量を(2)の豚肉で巻く。
(4) フライパンに油を少々ひき、焼く(豚肉に火が通る程度)。
(5) 大根おろしとポン酢を合わせ、おろしタレを作る。
(6) 器にシソの葉を敷き、(4)を盛り付け、おろしタレをかけて出来上がり。
ホウレンソウは茹で過ぎないで下さい。また、茹でた後、あまり固く絞ると形が崩れるので、ザルに空け、自然にゆっくりと水気が切れる様にして下さい。水気が残っていても美味しく出来ません。
おろしタレは上から掛けるか、つけて食べるかはお好みです。
 
紹介者
船形 富美枝さん
 ホウレンソウは義母が野菜を作ってくれているので、おひたしや玉子とじにしてよく食べます。このホウレンソウも義母が作った旬のホウレンソウを使いました。
私の家は3世代同居で、両親は野菜やあっさりしたものを好みますが、子どもたちは野菜嫌いで肉が大好きなので、みんなが食べられる様に工夫しながら毎日の献立を考えています。ホウレンソウの豚肉巻きは野菜嫌いの子どもたちも喜んで食べてくれました。
 
ホウレンソウ
 緑黄色野菜の代表・ホウレンソウは、パワー満点の野菜。特に多いのは鉄分で、レバーに匹敵するほどの鉄分が含まれていますので、貧血の予防に大変効果的です。その他にβ‐カロテン・ルティン・ビタミン(C・B1・B2・K)・カルシウムも多く含まれていて、非常に栄養価の高い野菜と言えます。
調理方法はビタミン類が水に溶けやすいので、茹でる時間を短く、冷水にさらすのもごく短時間にしましょう。
 
地産池消
 JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです
このウィンドウを閉じる