加美よつばフードアカデミー
ウドのシンプル春巻き
 
ウドのシンプル春巻き
 
材料(4人分)
春巻の皮 4枚 アスパラガス 2本
ウド 1本 菜の花 適量
パプリカ 1個 適量
豚薄切り肉 2枚    

ネギソース
ネギ 1本 黒砂糖・ごま油 各小さじ4杯
しょう油・酢 各大さじ4杯 豆板醤(トウバンジャン) 大さじ1杯
 
作り方
(1) ウドを1cm角の棒状に切り、酢水に浸けアクを抜き、水気を切る。
(2) アスパラガスをさっとゆでる。菜の花もゆでる。
(3) パプリカを縦に切る。
(4) 豚肉は1枚を半分に切る。
(5) 春巻の皮を敷き、豚肉、ウド、パプリカ、アスパラガスの順に載せて、春巻の皮で巻く。
(6) フライパンに油を入れ、中温でゆっくりと揚げる。(ウドが生なので)
(7) 器に盛り、菜の花と一緒に盛り付けて出来上がり。
※ パプリカは赤でも黄色でも可。パプリカが無ければ、ピーマンでも可。
 
ネギソースの作り方
(1) ネギはみじん切りにする。
(2) ボールにしょう油・酢・黒砂糖・ごま油・豆板醤を入れ、合わせる。
(3) (1)のネギを加えて出来上がり。
 
紹介者
青野 青木宏子さん
 ウドは煮物・和え物・サラダなどが定番ですが、若い人にも食べやすい「春巻き」にしてみました。ネギソースで食べるように、春巻の具に下味はつけませんでした。ネギソースは冷蔵庫に入れると、しばらく保存が利きます。ゆでた肉(鶏・豚)や湯豆腐にも美味しく使えます。
 
ウド
 ウドはウコギ科の多年草で、日本原産の野菜です。漢字では独活と書き、「ウドの大木」という諺がありますが、木ではなく草です。
 山に自生するウドは「山ウド」、人工栽培のものは「軟白ウド」と言われています。軟白ウドの産地・東京では畑で栽培したウドを秋に室(ムロ)に移し、暗闇の中で発芽させ、出荷しています。市場に出回るウドのほとんどは人工栽培のウドです。
 アクが強いので、皮を厚めにむいて酢水につけます。皮もキンピラなどにして食べられます。
ウド
 
 
地産池消
 JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです
このウィンドウを閉じる