加美よつばフードアカデミー
揚げ焼きソバ
 
 
材料(4人分)
生ソバ 4人分(※冷凍麺でも良い)    
タマネギ 2個    
ニンジン 中1/2本    
ピーマン 2個    
ベーコン 200g (※豚肉でも良い)    
食油 適量    

調味料A

JAのだししょう油(※醤油でも良い)・みりん・酒・酢 各 適量
水溶き片栗粉 適量    

 
作り方
(1) 野菜とベーコンを一口大に切る。
(2) 鍋に食油を少々入れ、野菜とベーコンを炒めて、火が通ったら、調味料Aで味をつける。
(3) フライパンに食油を入れ、中火で生ソバをカリッとなるまで揚げる。
(4) (2)に水溶き片栗粉を加え、トロミをつける。
(5) 器に(3)の生ソバを載せ、上から(4)をかけて出来上がり。

※野菜は季節・お好みで合わせて下さい。

 
紹介者
小野田・小山京子さん
 家族がみんなソバ好きなので、夏は冷たいザルソバ、冬は暖かい鴨ソバとして、年中、ソバをたべます。この揚げ焼きソバは、季節の野菜を使って色々と調理しています。
 調理に時間がかかり過ぎると、麺が固くなってしまうので、手早く行う事がポイントです
 
ソバ

 タデ科の1〜2年草のソバは、8世紀ごろ、朝鮮半島から伝来したとされ、古くから栽培されています。夏ソバと秋ソバに分けられ、生育期間は60〜70日と短く、長野や山形などが主な産地です。加美町では振興作物として位置付け、小野田区域を中心に、111fで栽培されています。
 ソバにはタンパク質・アミノ酸がバランス良く含まれていて、更にビタミンBやルティンも含まれている栄養価の高い穀物です。秘密は全粒を利用するので、栄養豊富な胚芽や種皮の一部も食用にできるからです

 
 
地産池消
 JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです
このウィンドウを閉じる