加美よつばフードアカデミー
マシュマロムース
 
マシュマロムース
 
材料(7個分)

牛乳

350cc    

マシュマロ

120g    

フルーツソース

適量    

 
作り方
(1) 牛乳を鍋に入れ、火にかけます。
(2) 牛乳が沸騰したら弱火にし、マシュマロを加えます。お玉などで静にかき混ぜ、マシュマロを溶かします。マシュマロが完全に溶けて、全体がフワフワの泡状になったら火を止めましょう。
(3) (2)を器に注ぎわけ、しばらく置いてあら熱をとります。
(4) (3)を冷蔵庫で3時間ほど冷やし、固まったら取り出します。フワフワ軽くて冷たいムースの出来上がりです。
(5) (4)の表面にフルーツソースをかけて出来上がりです。
※お好みでミントの葉を飾ると爽やかです。
※牛乳が沸騰した時にココアパウダーや抹茶などを加えると、一味違ったムースができあがります。必ず、マシュマロを入れる前に加えて下さい。
※マシュマロの量で甘さを加減して下さい。
 
紹介者
宮崎・伊藤恵美子さん
牛乳を使った料理は、ケーキやヨーグルト、スープなどよく作ります。これから寒くなる季節には、ハクサイなど野菜をたっぷり入れた牛乳スープをよく作ります。
このマシュマロムースは、大変なメレンゲをマシュマロで代替するので、手間が省けて簡単に作れますよ
 
牛乳
  牛乳は日本人に最も不足しているといわれるカルシウムを100gあたり100mgも含んでいます。しかも牛乳のカルシウム吸収率は40〜70%と高く、神経の高ぶりやイライラを鎮めるほか、骨を丈夫にする働きもあります。また、ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンEも豊富です。
 牛乳を使った食品として、加工乳や乳飲料、乳製品などがあります。
牛乳
 
 
地産池消
 JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです
このウィンドウを閉じる