加美よつばフードアカデミー
お雑煮
 
お雑煮
 
材料(7人分)

適量    

ダイコンのひきな

250g    

ゴボウ

50g    
油揚げ 1/3枚    
干しシイタケ 2枚    
凍み豆腐 2枚    
ズイキ 中1本    
ニンジン 25g    
3カップ    
醤油 80cc    
50cc    
花かつお 1つまみ    
少々    
粉末・ダシ 少々    
セリか三つ葉 適量    

 
作り方
(1) ダイコンを千切りし、熱湯で茹でたら固く絞って、冷凍しておく。
(2) 鍋に水と花かつおを入れ、火にかけ、ダシを取る。
(3) ボウルに干しシイタケとぬるま湯2カップを入れ、戻しておく。(※戻し汁は捨てずに使う)
(4) ズイキはよく揉んで洗い、凍み豆腐はお湯で戻しておく。
(5) 油揚げ・凍み豆腐・干しシイタケ・ニンジンはせん切り、ゴボウは笹ガキ、ズイキは1cmの長さに切っておく。
(6) (2)の鍋に(3)の干しシイタケの戻し汁を加え、油揚げ・凍み豆腐・干しシイタケ・ゴボウ・ズイキを加え、よく煮る。
(7) 具に火が通ったら醤油と酒を加え、煮立ったら、ダイコンのひきなを入れて煮込む。
(8) 具に味が染み込んだら、ニンジンを加える。
(9) 粉末・ダシを少々入れ、味見をしながら、塩で味を調える。
(10) 食べる前に餅を適量入れてさっと火にかけて出来上がり。
 
紹介者
宮崎・鎌田和子さん
 お雑煮に欠かせないダイコンのひきなは、お雑煮を作る前の日に茹でて固く絞ったものを一度冷凍しておくと、よりおいしくたべられます。また、お好みでセリや三つ葉を散すと、色合いも良く仕上がります。
 
餅

 今でこそお餅はいつでも食べられますが、かつては冠婚葬祭や人寄せなどのときだけに食べられる特別な食べ物で、とても神聖なものとされていました。その代表が、お正月に床の間に飾る鏡餅。シダの葉を敷いた三方の上にのせ、だいだいやゆずり葉などを飾って家々を訪れる神様を迎えます。また、春秋のお彼岸には、餅米で作ったぼたもち・おはぎを先祖に供えます。加美郡内では宮崎区域を中心に、みやこがねもちという餅米を栽培し、県内最大の産地です。JAはみやこがねもち生産日本一を掲げ、生産指導・販売努力をしています。

餅
 
 
地産池消
 JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです
このウィンドウを閉じる