加美よつばフードアカデミー
エノキダケのチヂミ
 
エノキダケのチヂミ
 
材料

エノキダケ

100g 1個

ニラ

10g 50cc

かつお節

5g サラダ油・ゴマ油 少々
強力粉 大さじ2杯
※強力粉無ければ薄力粉でも可
タレ 醤油・酢 適量
白玉粉 大さじ1杯    

 
作り方
(1) エノキダケは石づきを取り除き、洗って1cm位に切る。ニラも洗って1cm位に切る。
(2) ボールに水と卵を混ぜ、強力粉・白玉粉を加え混ぜる。
(3) (2)にエノキダケ・ニラ・かつお節を加え混ぜる。
(4) 熱したフライパンに油を入れ、(3)を流し入れ、高温で焼く。
(5) 焼き色が付いたら、ひっくり返し、ヘラなどで押し付けながら、両面がパリつとなるまで焼く。
(6) 仕上げにごま油を、縁から流しいれ、全体に馴染ませる。
(7) 食べやすい大きさに切り、器に盛り出来上がり。タレをつけて食べて下さい。
※タレにコチジャン・ごま油を加えると、本場・韓国風になります。
※豚バラ肉を入れてもおいしいです。
 
紹介者
佐々木幸子さん
 エノキダケを生産しているので、エノキダケは毎日、色々なものに入れて食べています。エノキダケは「冬は鍋」のイメージですが、シチューに入れてもおいしいですよ。
 チヂミの調理ポイントは、生地に白玉粉を加え、高温で焼く事です。パリ・モチっと出来上がります。
 
エノキダケ

 独特の旨みと、どんな料理にもよく合うのため、需要量は年々増加し、キノコ類の中でも流通量はトップクラスです。食物繊維が豊富で低カロリー、そして年中流通しているお馴染みの食材です。一般に流通している白いエノキダケはほとんどが人工栽培で、天然ものは黄褐色で傘も大きく開いており、晩秋から春先にかけて出回ります。
 JAにはエノキダケの菌を育て、培養基を作るキノコセンターがあり、管内4つのえのき生産組合で、冬場を中心に一年中エノキダケを生産しています。県内産の6割をJA管内で生産、「仙台えのき・白い音符」のブランドで出荷しています。

エノキダケ
 
 
地産池消
 JA加美よつばは、その土地で採れた食材をその土地で食す「地産地消」を進めています。新鮮で安全な管内で生産された農産物をもっと知って!食べて!元気になって!欲しい・・・JA加美よつばの願いです
このウィンドウを閉じる