採用情報

前のページにもどる

平成30年度採用の募集は終了しました。

採用担当者からのメッセージ

みなさん、こんにちは。
JA加美よつばのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
JA加美よつばは、平成11年4月に宮城県加美郡の4JAが合併し誕生しました。
「清流の里に未来あしたひらく」をキャッチフレーズに、地域に根ざしたJAとして、常に地域や組合員の皆様に寄り添い、組合員の農業と生活を守り、より良い地域社会づくりに貢献しています。また、消費者に安全・安心な農産物を提供するための事業を展開しています。
平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、沿岸部に比較すれば被害は小さいものでした。ところが平成26年1月に突然、放射性廃棄物最終処分場建設の3候補地のひとつとして、私たちの加美町にある田代岳が選定されるという非常に大変な事態が発生しました。組合員の生活を守るため、地域の子どもたちの未来を守るため、また消費者に安心で安全な農作物を提供するために、最終処分場の建設は断固として受け入れることはできません。これまでJA加美よつばでは、全役職員が一丸となって反対運動を行ってきました。今後も最終処分場建設が白紙撤回されるまで、強い意志を持って反対運動を継続していきます。
近年、私たちの仲間も非農家出身者が多くなってきました。そんな中、新採用職員には実際に農業体験をする研修の場を設けています。私たちの仕事は農業経営や組合員・利用者の生活の安定を守ることが第一です。だからこそ、作物を育てる大変さや面白さなどの生産者の思いを肌で感じることが大切だと感じています。その経験によって、農業の事だけではなく、仲間との協力やコミュニケーションの大切さも強く感じることと思います。

昨今、農業を取り巻く環境は厳しいものになっています。その中でもJA加美よつばでは、平成30年度も一層の経営改革・革新を図り、組合員や地域の皆さんが夢と希望の持てる農業をめざし、役職員が一丸となって取り組んでいきます。そんな私たちと一緒に「よつば丸」の乗組員となる元気で明るく、また人に対して気遣いの持てる新しい「なかま」を募集中です。親子ほど年の離れた先輩がたくさん働いていますが、フレッシュな皆さんと一緒に地域に貢献できる日を役職員一同楽しみにしています。

私たちと一緒に働きませんか?

先輩の仕事内容を聞きました 〜私たちと一緒に仕事をしませんか?〜

中舘さん

営農販売部 園芸課 中舘さん(平成21年入組)

営農指導員として主に野菜の指導を行っています。
現在はタマネギを中心に様々な野菜を勉強中です。当JAでの「生食用」「加工用」タマネギが不足していますので、作付者への声掛けも行っています。

営農販売部 畜産課 長谷川さん(平成20年入組)

畜産課で、肥育牛部会(和牛)並びに乳雄育成部会を担当しております。
肥育牛部会(和牛)では、消費者の皆さまがおいしいと言っていただけるような肉牛生産を目指し、乳雄育成部会では、肥育農家が喜ぶ優良な素牛の生産を目指し、それぞれ営農指導を行っております。

長谷川さん

阿部さん

中新田支店金融課 阿部さん(平成22年入組)

金融業務の一つ、融資業務を担当しています。
組合員・利用者の方々から資金使途や希望する返済方法などを伺い、それに見合った商品を提供させていただいています。

管理部人事コンプライアンス課 横田さん(平成24年入組)

人事コンプライアンス課は人事関係業務のほか、職員教育やコンプラアンス教育も担う課です。私は主に給与・福利厚生関係事務を行っています。役職員の個人情報を多く取り扱う部署なので、コンプライアンスに細心の注意を払いながら業務を行うことを心掛けています。

横田さん

畠山さん

農機自燃部農業機械課西部農機小野田センター
畠山さん(平成25年入組)

多種多様な農業機械の点検・修理などを行っています。
現在は主に田んぼの草刈りに使用する機械や、牧草の収穫に使う機械の修理をしています。

ページの上に戻る